ムーブメント教育・療法

 講師の先生に来ていただき、子どもたちが楽しみながら体を動かすことによって、 「 からだ( 動くこと )、あたま( 考えること )、こころ( 感じること )」 の調和のとれた発達を促す ムーブメント教育・療法 を行いました。

 まずは、色のついたマットの上を歩いたり止まったりして、ウォーミングアップです。

 その後、くもの巣のような網をまたぎ越したりくぐったりする遊び、布で風船を飛ばす遊び、台車で友達を運ぶ遊びなどを次々と行う中で、子どもたちは友達に優しく接しながら、いろいろな方法を考えて活動していました。

 最後はパラシュートを使った活動で、とても盛り上がりました。